早く治そう背中のできもの!どうやって対処する?

MENU

早く治そう背中のできもの!どうやって対処する?

背中のできもの

早く治そう背中のできもの!どうやって対処する?

背中ニキビは背中にできる肌トラブルのなかでも有名ですが、背中にできるできものはニキビだけではありません!痛みも痒みもないできものは触ってみないと気が付かないため、できていることすら気が付きません。

 

ですが悪化してしまうと大きくなりブヨブヨと水ぶくれのようになってしまうこともあります。こうなると病院で切開してもらわないといけないケースもあります。ですから鏡などで自分の背中を時々チェックするのは大切です。ニキビの他に背中にできてしまうおできの種類を見ていきましょう。

 

@粉瘤

 

粉瘤は初めは小さくニキビと変わりません。ですから気が付きにくいのが特徴です。ニキビかな?と思ってもどんどん大きくなっていくようだったら粉瘤を疑ってみても良いかもしれません。粉瘤は大きくなったり小さくなったりを繰り返します。

 

ニキビが毛穴に皮脂が溜まって炎症を起こすのに対して、粉瘤はあかや老廃物など体にとって不要なものが皮下の粉瘤袋の中にたまることによって出来ます。初めは袋のような形はしていませんが放置することで袋ができてしまいます。こうなると袋ごと切開してもらわないと何度も同じところにできてしまいます。

 

Aヘルペス

 

ヘルペスは水ぶくれのようになります。初期には気が付かなくても見た目が変わるのですぐにヘルペスだと分かります。痛みが強く感染力も強いので気が付いたら早めに皮膚科にかかりましょう

 

ヘルペスには根本治療がなく疲れている時や免疫力が落ちている時にできるといわれています。一回目が一番ひどく再発時はそれほど大きくなることは少ないようです。ですが再発しやすい病気なので、疲れている時や体調が悪い時には気を付けて体を休めるようにしましょう。

 

B内臓機能の低下

 

肌は内蔵の鏡ともいわれます。肌荒れもそうですが、背中の吹き出物も出ては消えてを繰り返すという時には内臓機能の低下の可能性もあります。背中のできものは特に肝臓が大きく関係しているといわれています。

 

肝臓は背中側にあり、様々な機能をもっています。例えば解毒、胆汁の生成、エネルギーの貯槽、代謝などです。特に解毒や代謝機能の働きが落ちることによって背中のできものができることがあります。これにはアルコールの飲みすぎや不摂生な生活などが関係しており、これによって肝臓の機能が低下してしまうのです。しっかりケアしているのに吹き出物を繰り返すという時には生活を見直してみましょう。

 

吹き出物ができた時の対処法

 

吹き出物の種類によって対処法は違ってきます。

 

@できものが大きい

 

背中の吹き出物が大きい場合、それはニキビではなくおできや粉瘤である可能性が大です。できものの種類によっては跡が残ってしまうこともあります。こうした大きい吹き出物は跡が陥没してしまい見た目も目立ってしまいます。それで適切な処置をしてもなかなか治らないという時には病院にいって診てもらいましょう。

 

A膿を持っている

 

最初は小さなニキビと思っていたものが、だんだんと炎症をおこして膿を持ってしまったという時もあります。背中は自分ではみえないので気づいたときにはもう遅かったということになりがちです。もし化膿して膿を持ってしまった時には、とにかく汚い手で触らないようにしましょう。

 

気になって手で触ってしまうと感染してしまう可能性があります。ですからケアするとき以外は触らないようにしましょう。ケアするときも清潔な手で触れるようにしましょう。跡を残したくないという場合は早めに病院で治療した方が良いといえます。間違っても自分でつぶしてしまわないように気を付けてください。

 

B熱を持っている

 

熱を持っているということは化膿しているということですから、この場合も不潔な手で触らないように気を付けましょう。熱をもってドクドクしているという時に氷などで冷やせばいいのではと思うかもしれませんが、吹き出物に熱をもっている場合、皮膚の深部に熱を持っているので表面を冷やしてもあまり効果はありません。

 

この状態を放っておくといずれ膿を持つようになるでしょう。膿ができってしまえば病院で出してもらえますが、膿がない状態でいっても軟膏などを出されるだけです。心配な方は病院で診てもらってもいいですが、とにかく手で引っかいたりしないように注意しましょう。

 

吹き出物が出来たら何かにかかればよい?

 

まずすぐ思いつくのは皮膚科ですね。皮膚科で治療を受ける場合、保険がきく治療と保険適用外の治療があります。保険適用外の治療はニキビの予防からニキビ跡まで幅広い治療を受けることが出来ます。

 

ただし医療費は高額なのでよく考えてから治療を始めましょう。どの治療方法を受けるかに関わりなく、皮膚科では肌トラブルの予防方法や改善方法などのアドバイスをもらえるので一人でなやまず一度かかることをおススメします。吹き出物の原因がホルモンバランスにある場合には婦人科にかかることも一つの方法です。根本の原因を治すことで綺麗なお肌を保つことが出来るでしょう。

 

背中にできものが出来たら早めに病院にいき治療をすることがおススメです。早く治療することで跡を残さずできものを治すことが出来ます。

早く治そう背中のできもの!どうやって対処する?

関連ページ

背中にできてるぶつぶつはニキビ?!それとも違う病気?
背中のニキビが出来てしまうことは誰しも嬉しくないですよね?でもこれ…ただのニキビ?そんな不安にかられてしまった方に教えてあげたい背中のぶつぶつはただのニキビか、病気によるものか、その見分け方などわかりやすく解説しています。
背中ニキビの原因と対策
忌まわしい背中ニキビはどうして出来てしまうの?出来てしまうと意外に気になる、背中ニキビの原因とその対策などをわかりやすく解説していきます。
背中ニキビの知られざる原因!
背中ニキビには、どんなことがその出来る原因になっているの?ここでは一般では意外と知られていない背中ニキビの原因について詳しく解説していきます。